Windows10のスリープ解除がややこしい件


常時起動作業させているPC(WindowsXP)が限界の為、Windows10のPCに変えたら勝手にスリープモードになって作業が止まってしまう。

設定でスリープモードOFFにしてるのに、なんでやねん!!

と詳細設定をたどって行ったら解決したのでメモ。

 

 

まず、「Windowsスタートボタン」→「設定」→「システム」→「電源とスリープ」を選択すると下の画面になる。

1 ここで、スリープ「なし」にすればOKと思うじゃん?

ところがどっこい、これでダメだったので、「電源の追加設定」という所をクリックすると下の画面になる。

2 今選択されている電源プランと言うものが表示されるので、選択されているプランの「プラン設定の変更」を選択すると下の画面になる。3

「コンピューターをスリープ状態にする」を「適用しない」に変更する。

よっしゃ!これで完璧や!

と思うよね?普通思うよね?

ところがどっこい、これで終わりじゃなかったんです。

さらに「詳細な電源設定の変更」を選んで「スリープ」の所を開くと・・・

4なぜかここの「次の時間が経過後スリープする」に「180分」と設定されてました。

なんでやねん!!

この数字を0にしたら「なし」の表示になりました。

これ以降、スリープにならなくなったので、これにて解決だと思います。

 

って、最初の設定の「スリープなし」の意味は・・・???

Windows10、設定がパット見簡単のようなのに、複雑な詳細設定が増えたのでこういう落とし穴多いっすわ。。。

プロフィール

アドベンチャーグリーン
アドベンチャーグリーン
自分がいちばん次男。 競馬と大河ドラマが好き。お店で瓶ビール飲むのがカッコいい大人だと思っている。八王子在住、二児の父。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です